Pinterest 2019 令和 インテリア トレンド 予想 (6章)

こんにちは、
お越しいただきありがとうございます。

この標題のトレンド100選について
次のカテゴリー毎に「章」建てでお伝えしています。

旅行 トレンド 予想 (1章)
ヘルス・ウェルネス トレンド 予想 (2章)
趣味・興味 トレンド 予想 (3章)
パーティー トレンド 予想 (4章)
フード トレンド 予想 (5章)
インテリア トレンド 予想 (6章)
メンズ ファッション トレンド 予想 (7章)
レディース ファッション トレンド 予想 (8章)
ビューティー トレンド 予想 (9章)
子供・子育て トレンド 予想 (10章)

Pinterestユーザーは、世界各国から
ファッション、子育て、旅行、グルメなど
ありとあらゆるカテゴリーで
新鮮で面白い画像などを求めて集まっています。

それぞれ皆、個性を持っていて、
それぞれに求める内容・深み・広がりが違います。

しかし、大衆の大きな志向は
ほぼ同じベクトルで作用していて、
共通するところも多いのです。

自分のウオンツを知る手掛かりにも
Pinterestは使えるのです。

今回の記事にある、
このトレンドの基礎となる
数値エビデンスは次のとおりです。

◆世界のトレンド志向をPinterestユーザーの検索WordからPinterestが独自に分析した内容です。

◆その検索は2017年に対して2018年に検索数が伸びたカテゴリーを抽出しています。

◆検索数の伸び率が高いカテゴリごとに10アイテムに絞り発表しています。

2億5千万人以上のPinterestユーザーの中で、

多くのユーザーが同じ画像種を検索しています。

その検索が6ヶ月以上安定した検索がされていれば、
Pinterest は「トレンド」とカウントしているようです。

ビジネス利用の方だけでなく、趣味で利用されている方にも
参考とできるデータになると思います。

Pinterestの活用法として、
このPinterestが発表しているトレンドを
令和で追いかけてみてはいかがでしょう!

新しい元号「令和」に
負けないくらいに明るいスタートが切れるかも・・・です。

この記事の内容は次のとおりです。

スポンサーリンク
 

インテリアのトレンド志向

最近は、女性が積極的に
DIYをされるようになってきました。

工具も男性並みに使われて
遜色が無くなってきています。

室内の家具インテリアだけでなく
小規模なリフォームまで幅広く活動されていて

ご自身の制作をSNSにアップされて
コンサルタント事業まで発展している例も
出だしてきています。

女性の力はスゴイですね。

フォームセンターや100円ショップなど
DIYの材料に困ることがなくなって
大工工事が身近になったことから進んだのでしょう。

世界的にもこの動きがあるようで
検索数も増加している現状です。

Pinterestのインテリアのカテゴリの内、
83%のユーザーがDIYを検索しています。

DIYからリノベーション・ガーデニング、
究極はリフォームまで考えている
ユーザーが多くなりつつあります。

今後もこの動きは進むことがあっても、
減少にはならないと思います。

この後、インテリアに関する検索が
増加したアイテムを紹介していきますが、

広義のインテリアでは
シックでない色彩に富んだ雰囲気を
求めているように感じられます。

令和のスタートに
生活を豊かにできる要素を
見直してみてはどうでしょう。

インテリアに関する増加した検索Wordです。

※2:Pinterest 内部分析によるデータ 2017年5月から2018年5月の正規化した検索数

以下、検索されたWordで記載します。

「テキスタイルアート」…1718%増加

増加率が1700%以上に。
どんだけ~。といった感じですね。

また、内容的にも絵画的なものでなく
糸やビーズ、綿など温かみを
求めているのでしょうか。

(出典元:http://www.ceciledachary.com/)

物で表現するアートに
注目されているようです。

そして、見ている物が
壁面を利用した織物アートです。

和紙や折り紙などを
使ったものも多く出ていましたが

繊維質的なものが
トレンドとなっていくようです。

「フロアタイルのペイント」…1276%増加

海外では現在あるものを
大事にする習慣があって、

建物でも何百年と
受け継がれていることが多いですね。

日本では、すぐに壊して新調して、
使い捨てることが多く
大事に残そうという思いは希薄です。

Pinterestでの検索Wordの
「フロアタイルのペイント」
1700%を超えています。

母数は公表されていないので
全体ボリュウムが分かりません。

ただ、1700%を超えるくらいに
検索をしているのは確かなことです。

(出典元:http://www.oldbrandnew.com/)

作り変える「新調」ではなく
変化を求める「リノベーション」の
あり方を探し求めてる現れでしょう。

私からすると、寄木組の床があれば、
その素材を楽しみ、
色付けてしまうのに躊躇してしまいます。

「折角の寄木なのに・・・」と
こんなこと考えているより

もっと豊かな生活にしていこうとする考えに
シフトしないとダメなのでしょうね。

「現代的な暖炉」…763%増加

電化が進み家庭内に「炎」が消えました。
あるとすれば仏壇のローソク位でしょうか。

外では、バーベキュー、キャンプや
宗教供養の時くらいになってしまいました。

木の燃える匂い・音・温かみを
現代人は知らずに一生を終えることに
なるのかもしれません。

(出典元:https://www.homedsgn.com/)

炎を見ていると「落ち着き」ますよね。
たまに、座って見続けたい願望に駆られます。

これも世界的に同じような思いなのでしょうか。

炎に癒しを求めて「暖炉」を追っているのでしょうか。
検索された増加数は7倍を超しています。

本来の「薪」を使うことはできなくて
ガス・灯油になるのでしょう。

家庭に「暖炉」はハードルが高いですね。

「ブリキのインテリア」…563%増加

北米では天井材として石膏ボードの代用に
ブリキ(鋼板に錫メッキ)を使っていたようです。

(出典元:https://www.theinside.co.nz/)

ブリキの使用感を再現できる
ブリキを型押ししたような絵柄で

ヴィンテージ調のタイル・壁紙が
注目されているようです。

ここで紹介されているのはタイルや壁紙です。

「大胆なプリントの壁紙」…401%増加

上述は、ブリキ調壁紙でした。

もうひとつ人気の壁紙が
絵柄が大きく、大胆な壁紙を検索されています。

トロピカルな葉っぱやカラフルな模様は、
部屋の大小にかかわらず活力がでます。

見ているだけでも楽しいですね。

(出典元:https://juniperhome.com/)

インテリアで壁紙の変更は
すべてをリセットした感があって
リフレッシュできるDIYですね。

こんなにも、大胆な絵柄を使う「勇気」を
見習いたいものです。

Pinterestでは、たくさんの壁紙も
紹介されていて、
張り替えた写真も大量に投稿されています。

「勇気」の無い方は
Pinterestで自信を持ってリフォームに
チャレンジされたらいかがでしょう。

「空間を縦に使ったガーデニング」…287%増加

日本国内で、
この壁面仕様を使用できるようになって
かなりの年月が経ったように思いますが

海外では、これからかも知れません。
新鮮でしょうね。

当初は、高速道路の壁面で使われたのを
覚えています。

(出典元:http://www.contemporist.com/)

この技法がマイホームにも利用されたり
集合施設の壁面緑化に使われたり
目にする機会が増えました。

これも癒しのひとつとして
豊かな生活に結びついています。

「自然のプール」…262%増加

自然のプール???

自然で人にやさしいプール???

コンクリートにFRP加工されたものが
現代のプールです。

この密閉された中の水は
対流しなくて水の入れ替えも
行われないことから
「塩素」による殺菌消毒が必要になります。

(出典元:https://proudhomedecor.com/)

このようなプールでなく
自然に水が上から下へ流れ
常に水が新鮮であれば
「塩素」は必要ありません。

このような自然のプールで
検索されている方が増えているということです。

日本国内の一般家庭では、
庭に池を造る程度です。
それも、一部の高所得者です。

土地もあって、
管理に手間のかからない環境が
無い限り不可能です。

世界の感覚に付いていけませんね。

「サボテンのアレンジ」…235%増加

日本には盆栽があります。

サボテンも素敵ですね。

(出典元:https://www.crateandbarrel.com/)

観葉として楽しむサボテン。
昔から小鉢にアレンジしたサボテンは
たくさん出ていたと思います。

生け花の違って手間もかからず、
雰囲気を演出して生きものを感じられる空間。

何気ない小物でも気持ちに潤いが取り戻せそうです。

これって、海外が中心でしょうが、
これを敢えて検索する・・・。

良くわかりませんが。

「幾何学模様のペイント」…225%増加

先に書いているように壁面に対して
注目され検索されている各種の壁面装飾。

壁紙・ガーデニング技法で壁面を変える思いは
インテリアのカテゴリの中で、
集中的に変化を求めていることが分かります。

(出典元:https://www.remodelista.com/)

この幾何学模様の壁面のイメージチェンジは
前の記述からは、まったく違うイメージです。

しかし、検索して知ることは皆同じです。

そして、世界各国の投稿された壁面装飾を
限定して見られるのはPinterestのみが
できる写真投稿サイトです。

気分転換・イメージチェンジに
Pinterestは活躍しますよ。

素材はもとより、施工方法まで
投稿されています。

Pinterestの投稿の中には

・建築家
・インテリアデザイナー
・ランドスケープアーキテクト
・家具/照明デザイナー

などエキスパートが厳選したリストも
存在するようです。

探してみてください。

「マスタードイエロー」…45%増加

今年は、落ち着いた雰囲気に
ピリッと刺激を演出する「マスタード色」が
注目されているようです。

(出典元:http://ladnydom.pl/)

検索増加率は、多いとは言えませんが
ベクトルはマスタードカラー方向のようです。

壁面のポイントであったり、
アメニティーや家具であったり、
取り入れてみてはいかがでしょうか。

インテリアの検索動向から整理すると

イメージチェンジを求めていて、
圧倒的に、壁面を中心に変えたい願望が伝わります。

そして、床であったり、暖炉など
なぜかレアな感じですが変化を求められています。

プールはちょっと別ですね。

今年のトレンドカラーは
「マスタード」ですよ。

こんな、第6章いかがでしたか。

インテリアに関して、世界が注目しているポイントが

知っていただけたかと思います。

この章は、ビジネスで使えそうです。

Pinterestであらゆる「壁紙」を見つけてください。

そして、張り替えましょう。

写真に収めてSNS発進です。

頑張りましょう。

最後までご覧いただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク
 

フォローする